Home > お墓のQ&A > お墓に好きな文字を刻むことはできますか?

お墓のQ&A

お墓に好きな文字を刻むことはできますか?

好きな文字や言葉など、宗派や家名にこだわらない方が増えています。歴史的にみますと平安時代の頃、当時の支配階級であった貴族が墓石に梵字や経文を刻んでいました。庶民が名や戒名などを刻むようになったのは、明治以降、共同墓地などが設けられるようになってからのことです。墓石の文字は、本来故人の心にそうものであれば、何でもかまいません。最近では公園墓地などに「愛」「静」「憩」「浄」「真」「眠」「夢」「空」「清」「やすらぎ」といった文字や、故人の座右の銘を刻むなど、宗派や家名にこだわらないお墓も多く見られます。

↑このページのトップへ