Home > お墓のQ&A > 建墓の時期と日はいつごろがよいのですか?

お墓のQ&A

建墓の時期と日はいつごろがよいのですか?

四十九日、百カ日、月忌(毎月、毎月の命日)、一周忌までのお盆、お彼岸、一周忌などが一般的です。亡くなられた後、なるべく早く建てるに越したことはありませんが、経済的事由などもありますので、必ずこの日までに、ということはありません。あくまで仏事に関係のある日を目安として考えましょう。また、大安などの暦も普段気にしていなければこだわる必要はありません。家族で決めたその日を目標に計画を立て、建墓という一大行事にじっくりと対処したいものです。すでに「○○家之墓」の墓石がある場合は、新しく墓標を建てるかわりに、墓石に新仏の戒名(法名・法号)、俗名、没年月日、行年(享年)などを刻みます。それ以外の場合は葬儀のときに白木の墓標を建てておき、一周忌までに墓石を用意します。

↑このページのトップへ