Home > お墓のQ&A > 子供がいないと無縁仏になる以外にありませんか?

お墓のQ&A

子供がいないと無縁仏になる以外にありませんか?

継承者のいないお墓は、無縁墓地として処分され、遺骨は無縁塚に合祀されます。公営や民営の霊園では「使用名義人の死亡後○年を経過しても祭祀を継承する者がない時には、使用許可を取り消す」と規定されています。また、長年にわたり墓参されていない場合、霊園側では縁故者に照会し、使用の意思がないとみなされると無縁墓として処分されます。納骨堂が完備していれば、遺骨を納骨堂に安置し、無縁仏として供養してくれます。また、生前に規定の供養料を納めると、子孫にかわって永代供養をしてくれますが、文字通り永代の場合と、20年、50年など期限付の場合があります。比叡山延暦寺には、霊園の一部に永代供養の久遠墓地があり、比叡山が続く限り永代供養を約束しています。静岡県内でも永代供養のできる寺院がいくつかありますので、お問い合わせください。

↑このページのトップへ