Home > 墓地のご紹介 > 曹洞宗 石雲山 龍音寺

墓地のご紹介

墓地紹介
お体の不自由な方でもお参り出来る墓地

曹洞宗 石雲山 龍音寺

ryuonji02.jpg

石雲山龍音寺として再建本堂には珍しい等身大の切画観音像
  龍音寺は明徳元年(1390)覚翁という旅僧が当地を通りかかり、山麓に白い苔の生えた巨石を見つけた事から庵を開き、観音菩薩尊をお迎えし石雲庵と名付けたのが始まりと伝えられており、この石雲と名づけられた巨石は現在でも境内にあります。
その後永正七年(1510)に、越渓麟易禅師(?−1514)が、石雲山龍音寺として再建しました。

お寺の本尊である「聖観世音菩薩像」(市指定重要文化財)は、平安時代の作であり、沼津市で最も古い仏像の一つです。この観音様に由来する5月3日の大祭には多くの方にお参り頂いております。山内は綺麗に整備され、また本堂には珍しい等身大の「切画観音像」双幅の額がかかげられています。客殿には九尺×十尺の大きな岩上観音像の額が奉られており、その他にも歴史・威厳のある仏画や書などが多数納められています。

ryuonji03_3.jpg

バリアフリー設備の墓地
  龍音寺墓地は、新墓地・旧墓地ともに整備され、体の不自由な方でもお参り出来るようにスロープになっています。また近年洋型の建立も解禁となり、洋型墓石の建立では沼津石材も推薦を頂いております。
沼津市だけではなく清水町・三島市・伊豆の国市も隣接しており交通の便も良く、駐車場も完備されているためお車でお越しの方にも便利です。
墓地詳細については寺院までご相談ください。

所在地静岡県沼津市大平2852
経営主体曹洞宗 石雲山 龍音寺
電話番号055-931-4543
特徴龍音寺墓地は新墓地・旧墓地ともに体のご不自由な方でもお参り出来るようにスロープになっています。

no thumbnail

区画 永代使用料
石碑、彫刻代、工事費込
年間管理費
1.2m × 1.5m 1,300,000円  
1.5m × 1.8m 1,550,000円
※永代使用料に関しては、基礎打設済みとなっております。石碑は3種類のデザインからお好きなものをお選びいただけます。詳細はお問い合わせください。


 
◆新墓地の建売限定販売のお知らせ◆

この度、当社にて新墓地の建売限定販売を致します。

DSC04485.jpg
    DSC04486.jpg
(↑新墓地の様子です。)

↓詳細は下記のページをご覧ください。

http://www.numaseki.com/index.php?itemid=433
 

←墓地紹介トップへ戻る

↑このページのトップへ