Home > 墓地のご紹介 > 浄土宗 実相寺

墓地のご紹介

墓地紹介
広々とした、お参りしやすい墓地

浄土宗 実相寺

no rhumbnail
改宗、遷座を経て
仁安2年(1167年)「俊乗坊重源」が住民の要望に答え「小松院」と称した真言宗のお寺を建立したのが始まりである。
明徳3年(1392年)、「実蓮社相誉真阿至誠不脱上人」が浄土宗に改宗。
何回となく水害に見舞われたので、境内にあった「愛岩神社」を原木の鬼門に当たる「一色」に遷座。嘉永3年(1850年)、「堀江休二郎」がその跡地に石の社を寄進した。
寺に神社を作るのは「本地垂跡説」という思想から。本体である「仏」が「神」に化身して人間の悩みを救うとされ、本道まで行けず「愛岩神社」でお参りした。
現在の本道は、昭和63年4月「落成」した。
 
浄土宗 実相寺
駅に近く、平坦地でお参りしやすい
 原木駅より徒歩7分、国道136号線沿いの好立地にあり、平坦地で水屋もあるので、お参りしやすい墓地です。
また、住宅地の中ですので夕方でもお参りに来られる方も多くいらっしゃいます。

所在地静岡県伊豆の国市原木154
経営主体浄土宗 実相寺
電話番号055-949-2082
区画数70区画
特徴市街地にはない広々とした墓地も魅力の一つです。

no thumbnail

区画 永代使用料 年間管理費
1.5m × 1.5m 250,000円 12,000円 (3,000円/年4回)
1.5m × 1.8m 300,000円

←墓地紹介トップへ戻る

↑このページのトップへ