こんにちは、御殿場店 店長の中根です。

只今、御殿場店の展示場の清掃をしています。

IMG_2471.JPG


耐震施工コーナーの石塔には苔が付いてしまっています。
きれいにすると・・・






IMG_2495.JPG



皆様のお墓と同様に、定期的に細かい箇所の清掃が必要です。

お客様には、出来る限りきれいな展示場でモデルを見ていただくために、店長自ら清潔な展示場を心掛けています。

梅雨の時期になると、御殿場・裾野・小山地区は湿気が多く、油断しているとモデルにびっしりと苔が付いてしまうことがあります。

特に彫刻部分や、敷石のサンドブラスト部分など、石の表面に磨きのかかっていない部分には、苔が付きやすいようです。

今回は、敷石を使ってお掃除の仕方をレクチャーします。



20150601__1_.JPG


敷石の右側に苔が付いています。

これを掃除してみます。使用するのは、重曹です。

苔が付いている所に重曹を振りかけ、スプレーで水を掛け、重曹を馴染ませる為、しばらく置きます。

20150601__4_.JPG


少ししたら、もう一度、水を吹きかけ、ブラシで苔の付いた箇所をまんべんなくこすります。

磨きのかかった石の縁もしっかりこすって、苔を浮き上がらせます。



20150601__2_.JPG


ブラシは、100円均一で売っているもので十分です。

毛先の先がとがったブラシを使用することをお勧めします。

(私が私用しているブラシは、すでに毛先が丸まってきてしまっているのですが・・・)

その方が、角の汚れが取れやすいです。



20150601__3_.JPG


ひととおりこすり終えたら、水で流し乾かします。

すると・・・


20150601__5_.JPG


見違えるようにきれいになりました!

掃除する前と見比べてください。↓



20150601__7_.JPG


いかがでしょうか?


皆さんもぜひ試してみてください。