沼津石材 沼津店の土佐谷です。
今回ご説明するのは、「永代供養墓」についてです。



永代供養墓とは、寺院や霊園が責任を持って永代にわたり、御遺骨の供養と管理を行っていくお墓のことです。
永代供養の形態は、 納骨堂・合祀、合葬・集合墓・個人墓・夫婦墓など。

近年、お客様から、永代供養墓に関する、御問い合わせやご希望などが増えているように思えます。

では、永代供養墓の良い点や注意したい点についてお話ししたいと思います。

良い点
1.故人の永代のご供養を、寺院や霊園施設が責任をもって、執り行ってくれる。(将来の不安の軽減)
2.一般的にはお墓を建てるよりも、その時には費用が掛からない
3.永代供養料を、一度納めれば、その後の費用が掛からない場合が多い
(※施設の契約形態等により年間管理費などが必要になる場合もございます)

良い点はやはり、管理や費用負担の軽減ができる点ではないでしょうか。
そして跡継ぎがいない場合は、将来的な心配が軽減されることではないでしょうか?

注意点
1.永代供養墓の契約形態によって一定期間を過ぎると合祀され、その後の遺骨はいかなる場合においても取り戻すことが出来ない
2.御家族だけのお墓ではないので、お墓とご家族の関係が疎遠になりやすい。その為、残された家族やお孫さんなど子孫の、お参りの回数が減少していく
3.納める(今後も含め)遺骨数によっては、お墓を建立する場合よりも費用が掛かる可能性がある
4.将来の子孫が、その都度、永代供養やお墓の検討の機会が必要になり、長い目で見ると負担がかかる場合もある

近年のお客様で「跡継ぎがいるけれど・・・永代供養墓に入る」とお答えになる方もいらっしゃいます。
御子孫様の事も含め長い目で見ると、必ずしも将来の負担が軽くならない場合もございます。
特に御家族様がいる場合は、特に皆さんで事前に話し合うことが重要です。
また注意点2の「お墓参りの数が減少した」との報告は、弊社所属の「全優石」での永代供養を選択された方のアンケート結果にもあらわれています。
ご自身がもしお墓へ入られた時、お参りにあまり来られないお墓に入ることを想像すると少し寂しい、とお感じになるかたもいらっしゃいます。

永代供養墓は近年の家族構成や社会背景を受けた、お墓以外の選択肢であることは間違いありません。
沼津石材でも、お客様の御要望に応じて、永代供養墓をご紹介させて頂くこともあります。
ただ、安易に「永代供養」に入れば良いと考えるのは、御注意が必要です。

沼津石材はお客様にとって最善の供養についてもご相談をお受けしております。
お墓を通じて、様々な方の供養の仕方のご提案もさせて頂いております。
お困りの事などありましたら、いつでもご相談下さい。


お墓についてのご相談は

沼津石材株式会社 沼津店まで