富士店店長 榊原です。
_______________________.jpg
日頃からお世話になっている
富士市のお寺さんのお手伝いしてきました。

お盆にお墓参りに来られる檀家さんが
気持ち良くお墓参りが出来るように
お墓の花立の枯れたお花や香花を
外していく作業をしました。
2017.7.7.1.jpg


古いお花を入れっぱなしにしてしまうと
水が腐りやすく、臭ってしまったり、
虫がわいてしまったりするので
お参りに来る前に生のお花を外します。
2017.7.7.jpg

しかし、最近は造花をさすお墓が増え
生花のお供えは減ってきてます。

近頃の造花は見分けがつかないほど
精巧に出来ていて枯れることがなく、
お水を入れる手間もなく
いつでもキレイだという考えもあり
選ばれてきました。

色のないお墓は寂しい。
華やかに飾っておきたい。
そんな周りの方への日本人らしい
心遣いを感じます。

生花が頻繁に上がっているお墓を見ると
ご先祖さま、仏さまへを供養しようという
心遣いを感じます。

どちらがいいか悪いかではありません。

お墓に造花でも、生花でも
お花を飾る気持ちは「心遣い」です。

しかし、お墓参りの目的を考えた時に
大切なのは命をつないでくれた
ご先祖さまや大切な家族への思い。
だから、私は生花を上げてあるお墓を見ると
嬉しくなります。

なかなかお墓参りに行けない
普段は造花。
盆暮れ彼岸や命日など
ご先祖さまに会いに行くときは
生花をと使い分けてもいいかも
しれませんね!
 

富士市、富士宮市
森林墓園に関するお問い合わせは
沼津石材 富士支店まで。
お気軽にご連絡ください。
0120-148-135
http://www.numaseki.com/company.php?itemid=562

沼津市、三島市、富士市、富士宮市、御殿場市、裾野市
静岡県東部のお墓のご相談は
沼津石材 沼津店、富士店、御殿場店へ
ここをクリック!

店舗紹介

富士店情報

富士店フェイスブックページ