富士店 榊原です。

お寺への「おそなえ」が
「おさがり」になって
「おすそわけ」なるんです!

なんのこっちゃわからない?ですよね。
でも、この活動がとても素敵なんです。
11.7_1.jpg


「おてらおやつクラブ」ってご存知ですか?

少し前にテレビなどでも
紹介されているのでご存知の方も
いらっしゃるかもしれません。

檀家さんなどがお寺さんへ
お菓子や食べ物を持っていき
仏様にお供えします。
その仏様にお供えした食べ物を
子ども食堂や学習支援などの活動をする
団体へ送り、経済的に困難な家庭を
支援する活動です。

仏さまへの「おそなえ」から
「おさがり」を頂戴し、
経済的に困難な家庭へ、
「おすそわけ」するのです。

私も驚いたことなのですが、
日本では食生活も服装も一見普通に見える
気づかれにくい貧困問題があり
「日本の子どもの7人に1人が貧困状態にある」
と伝えられています。
(おてらおやつクラブの
パンフレットより一部抜粋)

伊豆の国市の正蓮寺のご住職さまが
おてらおやつクラブの活動をしており
沼津石材のイベントで
講演していただいたご縁でこの活動を知り、
私の担当する富士市のお寺さんにも
紹介させていただきました。

しばらくして、
富士市入山瀬の松岳寺さまから
「おそなえ」のお米10キロを
おてらおやつクラブに「おすそわけ」
したいと連絡がありました。
そして、本日、私が松岳寺さまに代行して
正蓮寺さまにお届けに行ってきました。

本堂に通され、
11日の支援団体への発送まで、
おそなえしてきました。

11.7_2.jpg

経済的に食事の困難なお家の
子どもにとって食事やお菓子を
食べられる時間はお腹も心も満たされる
幸せな時間になるのではないかと思います。

ひとつの食べ物が、
檀家さんや協力者さんから仏さんに行き、
そして、それが困難な方の生きる糧になる。

食べ物はひとつなのに
手から手へ渡る度に気持ちがこもり
それぞれがあたたかくなる。

仏さまを経由したありがたい食べ物は
功徳のサイクルですね。

見えにくい日本の「貧困問題」に
手を差しのべる心もお腹も満たされる
素敵な活動です。

11.7_3.jpg

11.7_4.jpg


困っている子どもたちのために
広がるといいな。

詳しくはおてらおやつクラブの
ホームページをご覧ください。
http://otera-oyatsu.club/

 


富士市、富士宮市
森林墓園、朝霧霊園に関するお問い合わせは
沼津石材 富士支店まで。
お気軽にご連絡ください。
0120-148-135
http://www.numaseki.com/company.php?itemid=562


富士店情報

富士店フェイスブックページ




沼津市、三島市、長泉町、伊豆市、伊豆の国市、
御殿場市、裾野市、小山町
富士市、富士宮市、清水区
でのお墓、墓石、墓地、霊園、お墓クリーニング、戒名彫刻などの
相談はお近くの沼津石材のお店
沼津店、富士店、御殿場店へ

各店の場所はこちら

沼津店

富士店

御殿場店