皆様こんにちは。今年は異常気象のせいか、春が短かったように感じます。梅雨に入り、豪雨による災害も発生しております。皆様も地域の情報には耳を傾けてください。

また初夏にもかかわらず、30度近い気温が続く毎日ですが、体調には気を付けてお過ごしいただきたいと願います。

1117shachou.jpg
▲代表取締役社長 榊原 晃


最近メディアを通じて、永代供養や樹木葬などを含め、寺離れ・墓じまいという言葉を耳にする機会が増えています。その言葉の裏側を我々は考えなくてはいけないと感じています。


家族構成が変わりつつあります。私の世代までは子どもが何人もいて、後継者もいるのが当たり前でしたが、これからは後継者がいないことにより、お墓を持ちたくても持てないと思っている方が増えていくことでしょう。また都市部への人口の集中による地方の過疎化、お墓があってもお参りに行けないなど、お墓に関わる環境が変化しています。石材店である我々は様々な不安や問題を抱えるお客様の相談に対応することで、その解決策のノウハウを蓄積しています。


昨今、相談する人がおらず、どこに相談していいのか分からないという方が増えています。私たち沼津石材は、単にお墓を買う場所という枠ではなく、「供養にまつわる相談なら沼津石材へ」と言われる存在でありたいと考えております。

今年、悠石倶楽部創立10周年にあたり、より一層会員様の為に出来ることを模索し、必要とされる会を目指して努力する所存です。その為の努力は惜しみません。会員の皆様からの声をたくさんいただきたく存じます。

沼津石材では皆様に、より充実した楽しい時間を過ごしていただけるよう、様々な情報提供やイベントを開催していきます。また色々なご相談に対応できるように準備を進めて参りますので、これからの悠石倶楽部のご案内を見逃さないでくださいね。

お盆が近づいています。ご先祖様を迎える支度をするにあたり、家族団らんが生まれ、笑顔が溢れることを願っています。

平成二十七年 六月 吉日
沼津石材株式会社 代表取締役社長  榊原 晃